カゴハラウォーカー [籠原・熊谷・深谷などのおすすめグルメ情報] 籠原歩人

熊谷市・深谷市など、JR高崎線の籠原駅を中心とした埼玉県北部のグルメ・スポット・イベントなどの情報をゆるゆると発信しています。

深谷市深谷「きりや商店」の自家製メンチカツと若鶏のチキンカツと男爵コロッケ

      2016/03/14 author: ダニエルさん

 - エリア, グルメ, 埼玉, 惣菜, 深谷 , , , , , ,

kiriya05
昨日の3月7日は「メンチの日」とのこと。
メンチはミンチと言うし、3と7で「ミンチ」と読む語呂合わせから、香川県の会社「味のちぬや」が制定したそうです。
だから公的な記念日でもないんだけどね、それでもメンチスキーにしてみればやっぱり嬉しいもの。
ちなみにコロッケは5月6日、これは分かりやすいね。

スポンサードリンク






kiriya01
それじゃあ今日はメンチカツと揚げ物のネタで行ってみましょう。
やって来たのは深谷の旧中山道沿いにある食料品店「きりや商店」です。
この日は豚汁用に豚コマ300gを頼まれていたので、たまたま通りかかったここに入店です。
仕事帰りの私はスーツ姿で坊主頭、そんな強面の男がいきなり来て「豚コマ300gくれ」と言うんだから、お店の人も何事かとビックリしたかもしれない。



kiriya02
お、揚げ物もやってるじゃないか。
時間的にまだ揚げ物はやっていないと思ってたけど、奥に行くと今まさに揚げ物を始めている感じ。
となれば買わない訳にはいかないよな。


揚げ物3種

kiriya03
ということでいくつかゲット。
残念ながら鳥モモ一本は無かったね。



自家製メンチカツ

kiriya04
メンチカツをこよなく愛するメンチスキーの私、どんなときでもメンチカツは外せない。
スマートでビューティフルなその外見は荒々しさを感じさせない。



kiriya05
中はソフトタイプのメンチ。
みっちりむっちり具が詰まっている。
そしてシューマイみたいな感じの食感と味だ。

こういうメンチも珍しいな。
となると濃い目のソースをたっぷり掛け、カラシを添えて頂くのがベストだね。



男爵コロッケ

kiriya06
こちらも綺麗に揚がったスマートなコロッケ。
なんだか優しい雰囲気だ。


kiriya07
開けてみると中は黄色い。
おお、カレー味ですな。
となるとあまり濃くないソースをかけ、ご飯と一緒に食べるのがよろしい。
構成的にはジャガイモ、カレー、ご飯、衣、ソースとなり、昔のカレーライスが口の中で再現されるぞ。




若鶏のチキンカツ

kiriya08
若鶏のチキンカツ!
わざわざ若鶏と書かれていては期待せざるをえない。
でもこれ、本当にチキンカツ?
チキンカツって1枚2枚って数えるよね?
でもこれじゃ1本2本だよ。
ヒレカツかってんの。
って、もしかしてヒレカツと間違えたのかな?
それなら嬉しいハプニングだ。



kiriya09
ワクワクドキドキしながら切ってみたら・・・
おお、しっかりやっぱりチキンカツだったね。
そして切り口からジュワ~っとあふれる肉汁が目を釘付けにする。
うひゃ~、こりゃあいいぞ!
ヒレカツと間違ってごめん。



kiriya10
最近はチキンカツをおろしポン酢で食べるのが好き。
これをジャブジャブかけてシナシナにすればハードな衣だって平気だぜ。
しかしまあ、美味いなこれ。
柔らかさとジューシーさ、そして肉の旨味、流石は「若鶏のチキンカツ」だ。
あれ、普段はチキンカツを食べない妻が食べているじゃないか。
おいおい、そりゃあ俺の分だよ(涙)



ご馳走様でした。
今回はとても良い揚げ物コンビネーションだったな。
濃いソースとカラシでこってりメンチ、薄いソースでカレー味のコロッケ、そしておろしポン酢でジューシーチキンカツと、三者三様の味を存分に楽しめました。
ちなみにこのお店、駄菓子なんかも置いてあって、本当に昔の食料品店。
子供の頃、近所のこういうお店でよく買い物をしたっけなぁ。
スーパーマーケットが出来てくるとこういうお店は減っちゃったけどね。
すごく懐かしい雰囲気だったよ。

地図

36.19488, 139.27686