カゴハラウォーカー [籠原・熊谷・深谷などのおすすめグルメ情報] 籠原歩人

熊谷市・深谷市など、JR高崎線の籠原駅を中心とした埼玉県北部のグルメ・スポット・イベントなどの情報をゆるゆると発信しています。

熊谷市籠原南一丁目「Ribbon」のアウトレットラスクとアウトレットバウムクーヘン

      2016/03/19 author: ダニエルさん

 - エリア, お菓子, グルメ, 埼玉, 熊谷, 直売所, 籠原, 閉店 , , ,

閉店しました

さて、正月が明けて平常生活になって一週間。
社会復帰は出来ましたか?
お餅とお酒で付いた贅肉は?
ああ、今週末は3連休ですね。
社会復帰もダイエットも中断だなぁ(ニヤニヤ)

スポンサードリンク




s-IMG_8683
さて、今日のネタはダイエットの大敵、甘く美味しいお菓子の話。
やって来たのは籠原駅南口のロータリーの一角にあるバウムクーヘンのお店「Ribbon」です。



s-IMG_8684
ここはシェリエというバウムクーヘンをメインとした洋菓子メーカーの、アウトレット品を販売しています。
アウトレット品だけあって量が多くて値段はお得。
足を踏み入れるのは非常に非常に非常に非常に危険なところであります。
だから前を通るときはなるべくそちらに目線を合わせないようにする必要があります。



s-IMG_8685
しかし悪魔の囁きに負けてラスクとバウムクーヘンを買ってしまった・・・
ラスクは初めて買ったけどこんなに大量にあるのか!
これ、全部食べたらどれくらいのカロリーよ?
しかし、このバター、牛乳、生クリーム、玉子、砂糖、小麦粉などによる魅惑的な甘味による堕落の大罪を、愛する妻に一緒に背負わせる訳にはいかない。
ここは自分一人で片を付けるしか無いだろう。



s-IMG_8687
さっそく頂きましょう。
うっすらバターの香りのするラスクにザラメがまぶしてあります。



s-IMG_8689
これがまた絶妙に美味くて軽い。
だから食べ始めたら止まらない!
ポリポリポリポリとエンドレスに響く咀嚼音。



s-IMG_8690
続いてバウムクーヘンも。
バウムクーヘンはいろいろな種類がおいてあったけど、今回は基本のタイプをチョイス。



s-IMG_8693
アウトレットだけあって形状は素っ気ない。
ということは・・・このままかじるしか無いな。
ふんわりしっとり甘々、「いい加減、止めないとまずいよなぁ」と思いながらも止まらない手と口。
脳内会議では「一度口をつけたら食べ切らないとね」という意見が採用された模様だ。





どっちも3日も持たずに全部食べちゃった。
特にラスクは止まらないなぁ。
これは中毒になるとかなりヤバイ。
しっかり自制しよう・・・
ちなみにバウムクーヘンでは外側に白いアイシングがあるタイプが大好き。
ここでもたまに売ってるんだけど、見たら買わずにいる自信がない・・・