カゴハラウォーカー [籠原・熊谷・深谷などのおすすめグルメ情報] 籠原歩人

熊谷市・深谷市など、JR高崎線の籠原駅を中心とした埼玉県北部のグルメ・スポット・イベントなどの情報をゆるゆると発信しています。

バーガーキングのワッパー食べ放題”BiKing”にチャレンジした2014秋 前編

      2016/02/15 author: ダニエルさん

 - グルメ, ファストフード , , , , ,

ばかやろう!
「まだ負けてない」だ?
「実質的に勝ち」だ?
「試合に負けて勝負に勝った」だ?
何だその聞き苦しい言い訳は!
そんなことだからいつまでたっても勝利を掴むことが出来ないんだよ!
とはいえ、俺もそれを言われるまで気づかない時期があったことは否定出来ない。
どうやらここは俺の過去を語って聞かせることで皆を納得させるしか無いな。

スポンサードリンク





BKing2014aki_01_01
バーガーキングのワッパー食べ放題”BiKing”の今年2回目が開催されていた。
やってきたのは北本の17号沿いにあるショッピングモール「ヘイワールド」内のバーガーキング。
ここでチャレンジする強敵(とも)はくいしんぼさん家族&らっかさんみちさんだ。
この”BiKing”にチャレンジするのももう5回目となる。


BKing2014aki_01_02
ちょっと早めに来た俺はチャレンジの準備をしておく。
いきなりデカいワッパーを胃袋に詰め込むのは危険すぎる。
サラダと野菜ジュースで胃袋をウォーミングアップさせるのだ。



BKing2014aki_01_03
ここで”BiKing”のルールを確認しておこう。

・制限時間は30分
・まずはワッパー2個とフレンチフライ(M)とドリンク(M)のセットを完食する
・その後はワッパー、フレンチフライ(M)、ドリンク(M)をそれぞれお替りできる
・時間内なら何度でもお替りOK

と言うところだ。


BKing2014aki_01_04
北本店の記録は8個か。
俺は過去のチャレンジでは3~4個が限界だ。
現時点での胃袋の容量を考えると今回もその程度だろう。
ここは何か作戦を考えねば勝利はおぼつかない。


BKing2014aki_01_05
俺の注文の順番が回ってきた。
バーガーキングの特徴は有料・無料のトッピングがある点だ。
これにより、オリジナルのワッパーを作成でき、味に変化を生むことができる。

よし、最初のワッパー2個にガッツリトッピングをしてスタートダッシュをかけよう。


BKing2014aki_01_06
さあ、戦闘開始(コンバットオープン)だ。
前回までと違う点は

・初期セットがワッパー2個になった
・ポテトとドリンクはLサイズからMサイズになった
・参加費用は1200円

というところだ。
なお、お替りできるのはスタートから30分までだが、30分を過ぎても食べ続けることはできるぞ。


BKing2014aki_01_07
まずはワッパーにもう一枚ワッパーパティを追加した「ダブルワッパー」で行こう。
ワッパーの美味さの秘密は炭火焼きの香ばしいパティにある。
それが2枚になることによりそのパワーは倍増する。

ピクルス増量もオーダーしているため、そのワイルドな美味さに拍車がかかっている。
くぅぅ、美味ぇ!


BKing2014aki_01_08
もう一つのワッパーにはアボカドを追加して「アボカドワッパー」に。
アボカドのねっとりした食感と独特の味はワッパーの味すらも変えてしまう。
ダブルワッパーとは別の方向の美味さとなっている。
こちらもピクルス増量だ。


BKing2014aki_01_09
前回まではLサイズだったポテトとドリンクは今回はMサイズになっている。
胃袋への負担は減り、その分ワッパーに専念できるため、これは助かる変更だ。
ドリンクはもちろんコーラ。
炭酸で胃袋が膨れるハンデは気にしない。


BKing2014aki_01_10
さあ、全部食べ終わったらいよいよワッパーお替わりへGO。
他のメンバーは俺よりもやや遅いペースだ。
スタートダッシュは成功したようだな。
ここは速さと質で更に差を広げるべきだろう。



後編へ続く


地図

36.053338,139.526319