カゴハラウォーカー [籠原・熊谷・深谷などのおすすめグルメ情報] 籠原歩人

熊谷市・深谷市など、JR高崎線の籠原駅を中心とした埼玉県北部のグルメ・スポット・イベントなどの情報をゆるゆると発信しています。

2014W杯ブラジル大会 第2戦 日本vsギリシャ 0-0でドロー

      2014/06/25 author: ダニエルさん

 - 日記 ,

ぐわぁぁぁ、引き分けかぁ~~~
勝てる試合を落としたのは痛い、痛すぎる・・・


20140530_1069308
2014W杯ブラジル大会、日本の第2戦の相手はギリシャ。
退場者を出して10人のギリシャ相手に攻めきれずに0-0のドロー
決勝トーナメントへの道は相当に厳しいものとなりました。


最初に愚痴を。
あああ、つまんない試合だったな!
これ、会場で見てたお客さんが可愛そうだよね。

なんというか、日本もギリシャも審判も全てがダメ。
今大会屈指の塩試合決定。
他の好試合を見ると、同じ大会というのが信じられないレベルだよ。



それでも・・・それでも私は日本人なので、日本を応援します。
今回は香川をベンチスタート。
日本のペースで試合は進むものの、それはボールキープ率ばかり高くてチャンスは少ないという「いつもの」日本のペース。
それでもギリシャもそれに付き合ってくれ、お互いに見せ場はあまりなし。



今回のレフェリーのジャッジは所々で意味不明。
「なんでそれがファール?」「なんでそれがファールじゃない?」というのばっかりだったね。
それでもギリシャの方がより被害を受け、前半にイエロー2枚で退場者が。
これは非常にラッキー!



とはいえ、ギリシャは最終戦はコートジボワールで、日本はコロンビア。
その組み合わせを考えれば、ギリシャにとってこの試合は勝ちでも引き分けでもあまり変わらない。
てことは10人になった時点で引き分け狙いで全然OKなんだよね。
逆に日本は勝たないと次がキツイ。


それでも人数的有利とはアドバンテージを握れるということ。
このペースでいけば少なくとも負ける可能性は少ないし、一点入れれば勝ちのゲーム。
でも先発の大久保はうまくドリブルでファールを誘うものの、なかなか点には結びつかず。
本田は相変わらずイマイチ。
岡崎や大迫も全然目立ってなかったね。



後半に入って遠藤と香川を出して勝ちに行く日本。
でもサイドからの放り込みばっかりでチャンスには結びつかない。
相変わらずボール保持率は高いが、もちろんそれで勝てるわけじゃあない。
そのまま無情にもホイッスル、0-0の引き分けとなりました。
一応、勝ち点1ゲット。




しかしまあ、体格で圧倒されている上にガッツリ守るギリシャに対してさ、他に攻めようが無いのかね?
サイドから単純なクロスじゃ全然ダメなのは誰にでも分かるよ。
もっとドリブルで仕掛けろよ~



根本的な原因として、本田と香川が全然輝いていないんだよね。
何と言ってもこれに尽きる。
なんで輝かないのかは良く解らないけど、とにかくこの2人が輝かないことには日本は全然ダメ。
逆にこの2人がしっかり動ければ日本はスムーズに戦える。
これはずっと前からそうだよね。
もうこれは今更仕方ない。



それにしてもザックの采配はいつもあやふやだなぁ・・・
終了間際の吉田を上げてのパワープレイには真顔で「はぁ?」って言っちゃったよ。
チーム育成と試合采配の能力は別物って、改めて思うよ。



・・・さて、次はコロンビア戦。
これまでの相手で一番強いです。

1.日本がコロンビアに勝利
2.ギリシャがコートに勝利or引き分け
3.得失点差でギリシャに勝つ

をクリアすれば決勝トーナメント進出です。
可能性は極めて低いけど、私にできるのは応援することだけ。
いつものことだ。
勝っている時は調子に乗らず、負けている時は下を向かない。
次の試合はまた0-0から始まるんだ。