カゴハラウォーカー [籠原・熊谷・深谷などのおすすめグルメ情報] 籠原歩人

熊谷市・深谷市など、JR高崎線の籠原駅を中心とした埼玉県北部のグルメ・スポット・イベントなどの情報をゆるゆると発信しています。

さいたま市桜区大久保領家通前「舟和 浦和工場売店」のあんこ玉と芋ようかん

    author: ダニエルさん

 - お菓子, グルメ, 直売所 ,

ようやく暖かくなってきたかな?
でもそれと同時に目の痒みが・・・
そして花粉がヤバイのは自転車に乗る時。
かなりの時間を外にいるわけで、山の方に行くと「目がぁ~目がぁ~」状態に。
今年は花粉用サングラスを検討する必要がありそうです。

スポンサードリンク



s-ankoball01
今日はその自転車に関連したネタを。
今週の土曜日に彩湖で開催される「TOKYOエンデューロ」に出場する私達、その試走に行った時のこと。
荒川CR(サイクリングロード)を熊谷から戸田まで往復するだけという、なんとも面白味の無いコースなのです。


s-ankoball02
その帰りに燃料補給のために寄ったのがここ。
芋ようかんやあんこ玉で有名な「舟和」の工場が荒川CRからちょっと外れたところにあります。


s-ankoball03
そこには直売所もあり、年中無休で販売しております。
あんこ系は燃料補給には最適。
さっそく入店してみましょう。

s-ankoball04
うほー、色々ありますねぇ。
休みなしでぶっ飛ばしてきた我々はエネルギー枯渇状態。
ここで良質な糖分補給をしない手はない。
それじゃあ、それとそれ、あとお土産にそれもね。


s-ankoball05
まずは芋ようかんから。
セットでもバラでも買えます。
さすがにセットだとずっしり重いので、ここはその場で食べる用にバラで一個頂きます。


s-ankoball06
うはっ、なにこれ、めっちゃ美味いんですけど!?
口の中に広がるサツマイモの甘さと香りが素晴らしい。
適度な歯ごたえでネットリと歯につくことはなく、食感も非常に素晴らしい。
「これ、サツマイモそのものだよね!?」って感じだ!
ちなみに私はこの時点で「舟和といえば芋ようかんが有名」ということを知りませんでした。
その為に後ほど悲劇が・・・


s-ankoball07
続いて人形焼も。
B級品ということで安かったよ。
こしあんと芋あんの2種類があったかな?
これは走行時の補給食としてバックポケットに入れておこう。


s-ankoball08
こちらは今回のメイン、お土産として買ったあんこ玉
綺麗な球状の、きれいな色のあんこの玉だ。
6色10個入り。
どれから食べようか迷っちゃうね。


s-ankoball09
黒い「小豆」
基本の小豆だね。
表面はうっすらと寒天でコーティングされており、噛むとぷちゅっと心地良い。


s-ankoball10
白いのは「いんげん」
これは上品な感じだ。
ちなみに手に持って食べてもベタベタしないよ。


s-ankoball11
緑は「抹茶」
あんこと抹茶は相性いいよね。
甘さと渋さを重宝味わえる。


s-ankoball12
赤いのは「苺」
苺の酸味がほのかに香るね。
こりゃあいい。
なんだか洋風な感じだ。


s-ankoball13
茶色は「珈琲」
コーヒー味のあんことは珍しいね。
お、美味い!
一個しか入ってないのが残念だ。
これ、飲み物は何を合わせれば良いんだろう?
牛乳あたりが一番合うかも。


s-ankoball14
オレンジ色のは「みかん」
おお、確かにみかんだ!
酸味を感じるあんことは面白い。


s-ankoball15
以上が基本の6種類。
どれもあっさりしてて、それでいてしっかり味わえるあんこ玉だ。
基本からフレーバー系まで、どれも完成度は高かったよ。
特に苺、珈琲、みかんのフレーバー系はとても気に入った!
ちなみにお店には期間限定の「柚子」もあったので、買っとけばよかったとちょっぴり後悔。
どれも一個から売ってくれるので、好みの詰め合わせにしてもいいね。
直売所には他にも色々売ってるから、あれこれ迷うこと間違い無しだ。

そして悲劇は帰宅後に起こった。
自転車の場合、荷物を持つのは困難なのでお土産を持って帰ることは少ない。
だからこそ今日は喜んでくれるに違いない。
私はニコニコしながら言った。
「お土産買ってきたよ!舟和っていう和菓子屋さんのだよ。さあ、一緒に食べよう!」


「えっ、舟和!食べよう、食べよう!」
目を輝かせる妻の顔はにこやかだ。


バックパックからとりだしたあんこ玉セットをドヤ顔で見せる。
「これね、荒川CRの近くに舟和の工場があってね、そこであんこ玉のセットを・・・」


「え、舟和って言ったら芋ようかんじゃない?なんで芋ようかんじゃないの?」
私の説明が終わらないうちに妻の顔が曇っていく。
輝いていた目に怒りの炎が灯る。
しまった、虎の尾を踏んでしまったようだ・・・


「あ、その・・・芋ようかんは食べちゃって・・・美味しかったよ・・・」
焦って更に怒りに火を注ぐ発言をしてしまう私。
あかん、もうあかん、虎の尾を二度踏みしてしまったようだ・・・


どうやら「あんこ玉の喜び」よりも「芋ようかんの怒り」のほうが圧倒的に大きくなってしまった模様だ。
こうなったらもう理屈が通用する世界じゃあない。
結局、「次に行ったら芋ようかん買ってくるよ・・・」と約束して機嫌を直してもらうことに。


あれ、お土産をわざわざ自転車で持って帰ってきて、なんで謝ってるの、ワタシ?
り、理不尽すぎる・・・(涙)
そしてなんとも不憫なのはあんこ玉・・・(涙)
美味しいのに・・・(涙)

なお、妻の名誉のために言っておきますが、彼女は普段はとても温和で物分かりが良い人です。
でも美味しい食べ物が絡むとたまにこうなります。
彼女が悪い訳じゃないんです、心惑わせる魅惑的な食べ物が悪いんです。
いつもそう自分に言い聞かせてます。



関連する記事
「TOKYOエンデューロ River Stage 2014 in 彩湖・道満グリーンパーク」の試走に行って来た その1
http://cycle.kagoharawalker.com/2014/02/17297.htm
「TOKYOエンデューロ River Stage 2014 in 彩湖・道満グリーンパーク」の試走に行って来た その2
http://cycle.kagoharawalker.com/2014/02/17329.htm



地図

35.858935,139.604602